押さえておきたい基礎知識

  • 墓じまい
  • 樹木葬
  • 合祀墓・
    永代供養墓

墓じまいの知っておきたい基本知識

墓じまいとはお骨のお引越しをすることです。少子化や核家族化の影響で、後継ぎが途絶えてしまう事や子供にお墓の供養で負担を強いるのは忍びないという理由から「墓じまい」という選択を選ぶ家族が増えてきています。

墓じまいとは

墓じまいにも費用がかかるの!?平均はいくら?

自宅で管理(手元供養)

基本的に墓じまいには相場というものがありません。ですが、お墓の撤去を石材店に依頼したり、魂抜きや閉眼供養といった墓石から魂を抜く為にかかる香典やお花、ロウソク代、僧侶へのお布施など様々な費用がかかります。閉眼供養は寺院墓地の場合 20,000円 ~ 150,000円、公営墓地や霊園墓地の場合 20,000円 ~ 50,000円などといった平均的な値段がわかるものの石材店では言い値になってしまう事が多く、こちらがわからないのをいいことに膨大な費用を請求してくる業者もいる為しっかりと信頼のおける石材店を見極める事が大切です。

佐藤石材について 墓じまいの流れ

墓じまいの手続きと移転先

墓じまいの手続きと移転先

墓じまいはただお墓を閉じるだけではなく、お骨をお引越しさせなければいけません。そのため、家の引っ越しと同じ様に申請を計画的に行わなければいけません。
お骨のお引越しに必要な書類は以下になります。
・受入証明書(永代使用許可書)
・改葬許可申請書
・埋葬証明書(納骨証明書)
更にお骨をお引越しさせる先の受け皿の用意も必要です。余計なトラブルを避けるためにも計画的にお引越し先や手続きを進めましょう。

墓じまいのメリット
デメリット
墓じまいの後に

樹木葬の知っておきたい基本知識

                               

樹木葬とは、一般的に墓石の変わりに樹木を墓標とするお墓の事をさします。もちろん佐藤石材の様に故人それぞれのお骨の上にネームプレートを配置するようなお墓もあり、特定の故人に手を合わせる事も可能です。合祀墓・永代供養墓の様に様々なお骨と同じ区画に収められるため、費用はお墓を立てるよりはお安く済ませる事ができます。自然の中で静かに故人に休んでもらえることもあり近年人気のある選択肢です。

樹木葬とは

樹木葬は平均でいくらかかるの?樹木の種類は選べるの?

樹木葬は平均でいくらかかるの?樹木の種類は選べるの?

樹木葬は一般のお墓と同じ様に一区画がいくらという風に使用料が定められている場合が一般的です。平均的な個別埋葬であれば1体30万円程度が相場とされています。しかし家族等で2体になった場合は45万円などの割引がある事もあります。合同埋葬なら、1体10万円から15万円程と安価になります。樹木はその区画を管理しているお寺や霊園によって変わります。個人によって人気の桜や丈夫なケヤキが選べる場合もあれば、区画によって決まっている場合もあります。さらに、樹木だけではなくお花やハーブなどといった植物でつくられたガーデン型の樹木葬もあります。

佐藤石材について 樹木葬の流れ

樹木葬をするなら墓じまいの手続きが必要

樹木葬をするなら墓じまいの手続きが必要

樹木葬をしようと思ったらまず行わなくてはいけないのが、今あるお墓からお骨を樹木葬に埋葬する「墓じまい」です。墓じまいはただお墓を閉じるだけではなく、お骨をお引越しさせなければいけません。そのため、家の引っ越しと同じ様に申請を計画的に行わなければいけません。
お骨のお引越しに必要な書類は以下になります。
・受入証明書(永代使用許可書)
・改葬許可申請書
・埋葬証明書(納骨証明書)

樹木葬のメリット
デメリット
墓じまいの後に

合祀墓・永代供養墓の知っておきたい基本知識

近年ニーズが高まってきているのが「合祀墓・永代供養墓」です。古典的なお墓を持たずに、様々な人のお骨が一同に寺院や霊園、納骨堂で預かられ、供養や管理をさせる形を指します。定期的な供養や管理がいらない事から、後継ぎや、子供への負担を懸念する方からの利用が年々増加しています。

合祀墓・永代供養墓とは

合祀墓・永代供養墓は平均でいくらかかるの?見極めるポイントは?

合祀墓・永代供養墓は平均でいくらかかるの?見極めるポイントは?

合祀墓・永代供養墓は共同のお墓であるため、通常の個人でのお墓を立てるより費用は安価になります。合祀墓・永代供養墓にも様々な埋葬方法があり、それにより値段は変わってきますが、目安としては3万円から30万円程度と言われています。ただし、永代供養の内容によっては200万円程度にまでなるケースもあるのでしっかりと契約前にプランを確認しましょう。価格を左右する要因としては、お墓の仕様(墓石・納骨堂など)・個別埋葬される期間(17回忌まで・33回忌までなど)・個別埋葬時の占有スペースの広さ・墓石の大きさ・デザイン・立地、地価が挙げられます。

佐藤石材について 合祀墓の流れ

合祀墓・永代供養墓をするなら墓じまいの手続きが必要

墓じまいの手続きと移転先

墓じまいはただお墓を閉じるだけではなく、お骨をお引越しさせなければいけません。そのため、家の引っ越しと同じ様に申請を計画的に行わなければいけません。
お骨のお引越しに必要な書類は以下になります。
・受入証明書(永代使用許可書)
・改葬許可申請書
・埋葬証明書(納骨証明書)
更にお骨をお引越しさせる先の受け皿の用意も必要です。余計なトラブルを避けるためにも計画的にお引越し先や手続きを進めましょう。

合祀墓・永代供養墓の
メリット・デメリット
墓じまいの後に
TOPに戻る