合祀墓・永代供養墓

後継ぎ不要・子供への負担を軽減できる
合祀墓・永代供養墓

佐藤石材では、人と石とのつながりを大切にした合祀墓・永代供養墓をご提供しております。
どこに手を合わせていいかわからない合祀墓・永代供養墓ではなく、大切な故人がしっかりと特定できる設計と、
気軽にお墓詣りをして頂ける明るく優しいデザイン、効率の良い省スぺースでのご納骨、
石材の永続性と高級感を併せ持つ「次世代型の合祀墓・永代供養墓」をご提供しております。

佐藤石材の合祀墓・永代供養墓

【エリア】
海老名市

海老名市寺院合祀墓・永代供養墓 (えびなしじいんごうしぼ・えいだいくようぼ)

  • 海老名市寺院合祀墓・永代供養墓
  • 「厚木」駅徒歩7分、平坦道で好アクセス
    2~3霊70万円。寄付金不要。
    寺院墓地の安心感を宗教不問で享受できる
    「寺院合祀墓・永代供養墓」墓地
    • 永代供養
    • 宗教不問
    • 後継者不要
    • 改装応相談

    住所:〒243-0422 神奈川県海老名中新田2丁目15-36

    最寄駅:小田急線・JR相模線「厚木」駅 より徒歩7分

    管理寺院:増全寺 >寺院の詳細を見る

    設備情報:駐車場(約30台)、法要施設使用可

特徴

  • 家族で一緒にご安置できます(2・3霊70万円)
  • 毎年1回、責任もって合同法要を執り行います
  • 生前のお申込みも受付ております
  • 増全寺が永代に渡りご供養・管理いたしますので安心です
  • 最後の納骨から13年間個別にご供養できます
  • 期間の13年経過後は合祀にて永代供養致します
  • 寄付金・付け届けなど一切不要ですので安心です
  • 13年以降も個別供養延長希望の場合はご相談ください

価格・条件

区画名 収骨 墓地使用料
一霊区画 1霊 400,000円
三霊区画 2~3霊 700,000円
期間 護持費
13年

 

※最後の方の納骨後13年間となります。
生前にご購入された場合でも、最後の方の納骨が終わるまで、期間を気にする必要がありません。

※延長の申し出により10年間延長することが可能です。

一括50,000円

※一年単位での支払いも可能です。

その他
ご注意事項
  • ・別途、プレート石碑代がかかります (種類がありますのでご確認ください)
  • ・プレート石碑購入時の家名彫りは無料(絵柄・家紋は有料)

アクセス・地図

  • 神奈川県海老名市にある海老名市寺院合祀墓・永代供養墓のある「増全寺」へは、
    電車またはお車でお越しいただくのが便利です。

     

    【電車】

    ■小田急線・JR相模線「厚木」駅 より徒歩7分
    改札より交番の前を過ぎて1つ目のT字路を左折(静岡中央銀行手前に入る)。
    300m先の小さな川を渡り川沿いに右折。150m左側にあります。

     

    【車】

    ■透明厚木I.Cより、R129・R246を厚木市街方面へ。
    2.5km先「水引」立体交差点を右折。相模大橋を渡り、1つ目の「相模大橋東」信号を右折、
    小田急線「厚木」駅ガードをくぐってすぐのT字路(静岡中央銀行手前)を左折。300m先の小さな川を渡り、
    川沿いに右折、150m左側にあります。

ご見学・お見積り依頼はこちら(無料)

ご利用実績

現在、表示をする情報はございません。

合祀墓・永代供養墓のお申込みの流れ

家族、親族の同意を得る
家族、親族の同意を得る

後々、トラブルにならないように家族や親族とはしっかりと話し合い理解を得ておきましょう。

1
永代供養墓に使用許可証をもらう
永代供養墓に使用許可証をもらう

ご遺骨がある場合埋葬許可証をご提出ください。

2
お墓の管理者に埋葬・埋蔵証明書に署名、捺印をもらう
お墓の管理者に埋葬・埋蔵証明書に署名、捺印をもらう
3
永代供養墓に遺骨を納める
お墓がある役所で改葬許可証を発行してもらう
4

お墓のお引越し(墓じまい)の場合のみ

納骨式の日程を決める
お墓から遺骨を取り出す
5

お墓のお引越し(墓じまい)の場合のみ

永代供養墓に遺骨を納める
永代供養墓に遺骨を納める

埋葬後は、1年に1回合同供養祭でご供養いたします。

6

合祀募・永代供養墓について

近年ニーズが高まってきているのが「合祀墓・永代供養墓」です。
古典的なお墓を持たずに、様々な人のお骨が一同に寺院や霊園、納骨堂で預かられ、供養や管理をさせる形を指します。
定期的な供養や管理がいらない事から、後継ぎや、子供への負担を懸念する方からの利用が年々増加しています。
マンション式

集合型の個別永代供養ができる埋葬の方法です。

ロッカー式

コインロッカーのようなスペースに骨壺を埋葬します。

棚式

棚に骨壺を並べるタイプの埋葬方法です。

仏壇式

位牌とお骨を収めるスペースが別になっている埋葬の方法です。

合祀墓

お骨を骨壺に入れずに共同で納骨する埋葬の仕方です。

合祀墓・永代供養墓のメリット・デメリット

メリット

後継者が必要ない
霊園・墓地側が管理を行う為、個人が供養を行う必要がなく後継者が必要ありません。子供に負担をかけたくないという場合でも安心です。
費用が安価で経済的な負担が少ない
一般的にお墓を立てる場合200万円程度がかかってしまいますが、合祀墓・永代供養墓の場合は数十万円程度で埋葬できる場合が多いです。
宗教・宗派が問われず入りやすい
宗教・宗派を問わない為誰であれ埋葬する事が可能です。

デメリット

特定の故人へのお参りができない
様々な方のお骨と一同に埋葬されるため、故人を特定したお参りができません。
親族や家族から理解されない事もある
新しい形の埋葬であるため、形式を重んじる方からは理解されずらく受け入れてもらえない場合もあります。しっかりと家族で話し合う事が必要です。
合葬の場合、お骨は取り出せない
多くの方のお骨と一同に埋葬されるため、故人の特定は不可能となり一度入れてしまうと取り出す事はできません。

お墓をお持ちで合祀墓・永代供養墓を検討するなら知っておきたい

「墓じまい」

合祀墓・永代供養墓をお考えならば、まず考えなくてはいけないのが今あるお墓からお骨をお引越しする為に行う「墓じまい」です。
意外と知らない「墓じまい」の事から、知っておきたい基礎知識と「墓じまい」までの流れをご紹介します。

墓じまいの後に 押さえておきたい基礎知識 よくある質問
TOPに戻る