ブログ

樹木葬 選び方で後悔をしない!必見情報

樹木葬が人気の理由はなに?

(概要)

樹木葬は近年増加している埋葬方法です。

以前は、国内でほとんど見られなかった樹木葬が、いったいなぜ注目を浴びるようになったのでしょうか?今回は樹木葬の人気が高くなっている背景や理由についてご説明します。

 

(本文)

近頃、人気の樹木葬をご存じですか?

昨今、今まで統一的だった葬送方式に樹木葬という選択肢が加わりました。耳心地のいい言葉の響きも手伝って、「樹木葬ってなんだろう?」と興味を持つ方も多いようです。

 

樹木葬とは自然葬のひとつで、墓石の代わりに樹木をシンボルにし、遺骨を埋葬する形式のお墓です。自然の山木のほか、好きな草花をあらかじめ選び、その下で眠ることも可能です。

 

墓石や納骨堂がスタンダードだった日本人が、ここにきてなぜ樹木葬に関心を寄せるようになったのでしょうか?

 

価値観の多様化により指示される樹木葬

樹木葬が人気な理由はどこにあるのでしょうか?

 

まず、核家族化や少子化に伴い、日本人の墓石継承の感覚が薄れつつあることが挙げられます。均一化された考えに縛られるより、個人の思いを大切にし、いい意味でのパーソナリティーを主張する流れがきているように感じます。

 

かつて流行語にも選ばれた終活という言葉が定着し、生前に自分の葬儀のプランを立て、お墓や埋葬方法を決める人も増えました。

 

また、活動範囲も地域から全国へ、さらには国外へと広がり、代々一カ所にとどまるような暮らしぶりは珍しくなりました。

故郷に帰る機会も少なくなるなど、訪れる人がいないお墓もたくさんあります。こうした社会的変化がもたらす影響は、お墓の管理を困難にしています。

 

価値観が多様化し、墓石の継承者がいないという現実が色濃くなってきた今、後継者が不要な樹木葬に人気が集まるのは必然と言えるのかも知れません。

 

お墓にお金をかけ過ぎず、樹木葬で自然に還りたい

墓地不足という問題もあります。とりわけ都会では深刻な事情を抱えており、従来通りのお墓を建立しようとすると、ちょっとした不動産物件のように高額な費用がかかります。

 

一方、樹木葬は予算を抑えながら、しかも宗教などにとらわれることもありません。緑に囲まれた気持ちのいい環境の中、土に抱かれ眠るという埋葬法です。墓碑のかわりに植樹した1本の木の下で、自然に還ることをイメージするだけで、癒やされる方が多いのかも知れません。

 

墓石を準備する習慣に縛られるがあまり「最後の最後に経済的負担を負いたくない」と考える方が増えているのも、こういった埋葬が増えている背景にあるのでしょう。

同時に、お金は生きている間に使いたいという発想、個人がどのように生き、どう一生を終えるのかを大切に考える風潮が生まれた結果と言えるでしょう。

 

樹木葬を選ぶ理由として意外に多い家族事情

一般的にお墓は家単位のものでした。墓石には「〇〇家の墓」といった代々継承する家名が刻まれています。そして女性が嫁ぎ先のお墓に入ることは、いわば当たり前の考え方でした。

 

しかし、実際のところ家族内の人間関係が悪化していたり、複雑な事情を抱えている家も珍しくありません。

 

そこで生じるのが「〇〇とは一緒のお墓に入りたくない」という個人的な感情の問題です。不仲ながらひとつ屋根の下で暮らしてきたけれど、人生の終い方として「同じ墓に入ることだけは認めたくない」という強い気持ちです。世間体もあり、受け入れるしかなかったこうした問題にも変化が起き始めています。

 

樹木葬のような個人単位の墓であれば、1人もしくは好きな人と一緒に眠ることができるからです。

 

個人の考えを尊重し表現できる樹木葬。新たな樹木葬という埋葬法が重宝される背景には、これまで耐えてきた人たちの最後の意思の貫き方があるのかも知れません。

 

樹木葬で大好きなペットと一緒に眠りたい

ペットを家族の一員と考える方も多いです。それだけに、いつか迎える最期の時はつらいものです。家族同然のペットが亡くなった悲しみを乗り越えられず、ペットロスになってしまうことも珍しくないほどです。

 

ペットの供養の仕方はさまざまですが、大好きな犬や猫が亡くなったら、一緒に家のお墓に埋葬したいと考える方も増えています。

 

終活の中で、ペットとともに埋葬する樹木葬を希望する方もいらっしゃいます。ペットの遺骨と一緒に入る形態の樹木葬も存在します。埋葬やお墓に対する考え方の多様化で生まれた「ペットと一緒に眠る樹木葬」です。

 

かつては亡くなった人とペットが同じお墓に入ることは、仏教の考え方「畜生道」をよりどころに、タブーとされていました。ペットの遺体は、家の庭などに埋めることが一般的でしたが、近年はペットを家族とする考え方に変わってきたと言えます。

 

ペット樹木葬専用の霊園や、寺院墓地の中でペット樹木葬を取り扱うところも増えています。日本人の約3人に1人がペットを飼っているという時代です。ペット樹木葬は今後も広まりを見せると考えられます。

TOPに戻る