墓じまいの後に

墓じまい後の選択肢

自宅で管理(手元供養)

自宅で管理(手元供養)

墓じまいをした後に自宅で供養する事を手元供養と呼び、自宅で遺骨を保管します。
自宅の庭にお墓を創る事は違法になりますが、遺骨を自宅に置いて供養する事は問題ない為、手元供養を行う方もいます。

メリット

手元にあると寂しくない
大切な家族であれば、いつまでも自分のそばにいてほしいと思うものです。手元供養であれば、いつでもそばに居られるというメリットがあります。
経済的にも肉体的にも楽
手元供養では、散骨してペンダントなどにする場合が多くあります。そのためお墓を立てて管理するより費用が抑えられ経済的にも楽になりま。更に年配者であれば、遠方へのお墓詣りが無くなり肉体的にも負担が軽減されます。

デメリット

親族の理解と後継者の負担
年配者の中には、お墓を立てずにいつまでも自宅に置いておくと故人が成仏できないと思う方もいます。さらに、自宅にあればその家を継ぐ人や子供が遺骨を引き継がなくてはいけない為負担にもなります。
自宅が災害に合った場合には消失してしまう
地震や家事、洪水など、自宅に置いているからこそ考えなければいけない問題も多々あります。

合祀墓・永代供養墓

合祀墓・永代供養墓

近年ニーズが高まってきているのが「合祀墓・永代供養墓」です。
古典的なお墓を持たずに、様々な人のお骨が一同に寺院や霊園、納骨堂で預かられ、
供養や管理をさせる形を指します。
定期的な供養や管理がいらない事から、後継ぎや、子供への負担を懸念する方からの利用が年々増加しています。

詳しくはこちら

メリット

後継者が必要ない
霊園・墓地側が管理を行う為、個人が供養を行う必要がなく後継者が必要ありません。子供に負担をかけたくないという場合でも安心です。
費用が安価で経済的な負担が少ない
一般的にお墓を立てる場合200万円程度がかかってしまいますが、合祀墓・永代供養墓の場合は数十万円程度で埋葬できる場合が多いです。
宗教・宗派が問われず入りやすい
宗教・宗派を問わない為誰であれ埋葬する事が可能です。

デメリット

特定の故人へのお参りができない
様々な方のお骨と一同に埋葬されるため、故人を特定したお参りができません。
親族や家族から理解されない事もある
新しい形の埋葬であるため、形式を重んじる方からは理解されずらく受け入れてもらえない場合もあります。しっかりと家族で話し合う事が必要です。
合葬の場合、お骨は取り出せない
多くの方のお骨と一同に埋葬されるため、故人の特定は不可能となり一度入れてしまうと取り出す事はできません。

樹木葬とは

樹木葬とは

樹木葬とは、一般的に墓石の変わりに樹木を墓標とするお墓の事をさします。
もちろん佐藤石材の様に故人それぞれのお骨の上にネームプレートを配置するようなお墓もあり、
特定の故人に手を合わせる事も可能です。
合祀墓・永代供養墓の様に様々なお骨と同じ区画に収められるため、費用はお墓を立てるよりはお安く済ませる事ができます。自然の中で静かに故人に休んでもらえることもあり近年人気のある選択しです。

詳しくはこちら

メリット

一般的に継承を必要としない個人供養
一般的には永代供養などと同じで、霊園・墓地側が管理を行います。そのため、継続者がいなくなってしまった場合も無縁仏として撤去される事がなく安心です。
コンパクトでシンプルなかたちの為費用が安価
一般的にお墓を立てる場合200万円程度がかかってしまいますが、樹木葬の場合は50万円程度で埋葬でき経済的にも安心です。
合祀墓・永代供養墓より家族にとって受け入れやすい
宗教・宗派を問わない事はもちろん、新しい埋葬の形ではあるものの故人を特定できる霊園もあったり、樹木があり自然に囲まれた環境である事などから親族に受け入れやすい埋葬方法です。

デメリット

埋葬後にお骨を取り出せない可能性もある
個別で管理しない樹木葬の場合や、パウダー状にしてお骨を埋葬する場合、再びお骨を取り出すことは難しいです。
自然が豊かな反面、都市からは遠い場合がある
頻繁にお参りや供養を検討している場合、自然が豊かな里山型の樹木葬の場合交通が不便で改装せざる負えなくなる場合もあります。
場所によってはお墓が荒れやすい
里山型の場合、豊かな自然の中でさまざまな木々や植物が自生している為、管理が行き届かず雑木林の様に荒れてしまう場合もあります。
TOPに戻る