樹木葬とは

樹木葬って何?

樹木葬とは、一般的に墓石の変わりに樹木を墓標とするお墓の事をさします。
もちろん佐藤石材の様に故人それぞれのお骨の上にネームプレートを配置するようなお墓もあり、
特定の故人に手を合わせる事も可能です。
合祀墓・永代供養墓の様に様々なお骨と同じ区画に収められるため、費用はお墓を立てるよりはお安く済ませる事ができます。
自然の中で静かに故人に休んでもらえることもあり近年人気のある選択肢です。

樹木葬の種類

都市型・公園型

一般的な樹木葬と呼ばれるのが、この「都市型・公園型」です。お骨の周りに目印となる1本もしくは複数の樹木を植えます。

ガーデニング型

霊園や納骨堂内にある植物に囲まれた場所に埋葬します。お花やハーブなどに囲まれた華やかな場所が多く、故人だけではなくお墓参りに来る家族にも好ましい環境です。

里山型

都市部から離れた山林などのより自然に近い場所に埋葬します。より静かに雑踏からはなれた豊かな自然の中で故人に休んでもらいたい方に好まれています。

佐藤石材の樹木葬

手と手を合わせ、心静かに故人を想う空間はかけがえなく、「お墓」という概念が変わりつつある現代でも大切にしていきたい文化です。佐藤石材は現代の家族の形と限られたスペースでもご満足いただける供養をしていただける人と石とのつながりを大切にした樹木葬をご提供しております。
墓石はシンプルでスタイリッシュな見た目なだけでなく、石を多く使う事で思いのこもった墓石をお作りさせて頂いています。
もちろん樹木葬の特徴を生かした低価格でのご提供の為、気兼ねなく購入しやすいお値段でご提供しております。
人区画に最大4個まで収める事が出来る為、ご家族でのご利用も可能です。

これからも続く多死社会を見据えて利用いただける皆様にご満足いただけるデザインと、効率の良い省スぺースでのご納骨、石材の永続性と高級感を併せ持つ、新しいタイプの永代供養施設をご提案致します。

樹木葬のメリット・デメリット

メリット

一般的に継承を必要としない個人供養
一般的には永代供養などと同じで、霊園・墓地側が管理を行います。そのため、継続者がいなくなってしまった場合も無縁仏として撤去される事がなく安心です。
コンパクトでシンプルなかたちの為費用が安価
一般的にお墓を立てる場合200万円程度がかかってしまいますが、樹木葬の場合は50万円程度で埋葬でき経済的にも安心です。
合祀墓・永代供養墓より家族にとって受け入れやすい
宗教・宗派を問わない事はもちろん、新しい埋葬の形ではあるものの故人を特定できる霊園もあったり、樹木があり自然に囲まれた環境である事などから親族に受け入れやすい埋葬方法です。

デメリット

埋葬後にお骨を取り出せない可能性もある
個別で管理しない樹木葬の場合や、パウダー状にしてお骨を埋葬する場合、再びお骨を取り出すことは難しいです。
自然が豊かな反面、都市からは遠い場合がある
頻繁にお参りや供養を検討している場合、自然が豊かな里山型の樹木葬の場合交通が不便で改装せざる負えなくなる場合もあります。
場所によってはお墓が荒れやすい
里山型の場合、豊かな自然の中でさまざまな木々や植物が自生している為、管理が行き届かず雑木林の様に荒れてしまう場合もあります。

樹木葬の流れ

樹木葬の申し込みをする
樹木葬の申し込みをする
1
墓地の使用料を支払う
墓地の使用料を支払う
2
納骨式の日程を決める
納骨式の日程を決める
3
納骨式を迎える
納骨式を迎える
4

お墓をお持ちで樹木葬を検討するなら知っておきたい

「墓じまい」

樹木葬をお考えならば、まず考えなくてはいけないのが今あるお墓からお骨をお引越しする為に行う「墓じまい」です。
意外と知らない「墓じまい」の事から、知っておきたい基礎知識と「墓じまい」までの流れをご紹介します。

墓じまいの後に 押さえておきたい基礎知識 よくある質問
TOPに戻る