合祀墓・永代供養墓とは

合祀墓・永代供養墓って何?

近年ニーズが高まってきているのが「合祀墓・永代供養墓」です。
古典的なお墓を持たずに、様々な人のお骨が一同に寺院や霊園、納骨堂で預かられ、
供養や管理をさせる形を指します。
定期的な供養や管理がいらない事から、後継ぎや、子供への負担を懸念する方からの利用が年々増加しています。

合祀墓・永代供養墓の種類

マンション式

集合型の個別永代供養ができる埋葬の方法です。

ロッカー式

コインロッカーのようなスペースに骨壺を埋葬します。

棚式

棚に骨壺を並べるタイプの埋葬方法です。

仏壇式

位牌とお骨を収めるスペースが別になっている埋葬の方法です。

合祀墓

お骨を骨壺に入れずに共同で納骨する埋葬の仕方です。

佐藤石材の合祀墓・永代供養墓

手と手を合わせ、心静かに故人を想う空間はかけがえなく、「お墓」という概念が変わりつつある現代でも大切にしていきたい文化です。佐藤石材は現代の家族の形と限られたスペースでもご満足いただける供養をしていただける人と石とのつながりを大切にした合祀墓・永代供養墓をご提供しております。
どこに手を合わせていいかわからないような合祀墓・永代供養墓ではなく、大切な故人がしっかりと特定できるような設計と、気軽にお墓詣りがして頂ける明るく優しいデザインを取り入れた次世代型の佐藤石材ならではの合祀墓・永代供養墓をご提供しております。

これからも続く多死社会を見据えて利用いただける皆様にご満足いただけるデザインと、効率の良い省スぺースでのご納骨、石材の永続性と高級感を併せ持つ、新しいタイプの永代供養施設をご提案致します。

合祀墓・永代供養墓のメリット・デメリット

メリット

後継者が必要ない
霊園・墓地側が管理を行う為、個人が供養を行う必要がなく後継者が必要ありません。子供に負担をかけたくないという場合でも安心です。
費用が安価で経済的な負担が少ない
一般的にお墓を立てる場合200万円程度がかかってしまいますが、合祀墓・永代供養墓の場合は数十万円程度で埋葬できる場合が多いです。
宗教・宗派が問われず入りやすい
宗教・宗派を問わない為誰であれ埋葬する事が可能です。

デメリット

特定の故人へのお参りができない
様々な方のお骨と一同に埋葬されるため、故人を特定したお参りができません。
親族や家族から理解されない事もある
新しい形の埋葬であるため、形式を重んじる方からは理解されずらく受け入れてもらえない場合もあります。しっかりと家族で話し合う事が必要です。
合葬の場合、お骨は取り出せない
多くの方のお骨と一同に埋葬されるため、故人の特定は不可能となり一度入れてしまうと取り出す事はできません。
合祀墓・永代供養墓価格
永代供養料:9万円~

※使用料・納骨料は上記に含みます。

※オプションとして刻字料:1体1万3000円をお付けできます。

※宗教は不問か在来宗教のみとなり、宗旨宗派は問わずご利用いただけます。

※市営の場合、応募の倍率が1倍を超えた際は抽選となります。

合祀墓・永代供養墓のお申込みの流れ

家族、親族の同意を得る
家族、親族の同意を得る

後々、トラブルにならないように家族や親族とはしっかりと話し合い理解を得ておきましょう。

1
永代供養墓に使用許可証をもらう
永代供養墓に使用許可証をもらう

ご遺骨がある場合埋葬許可証をご提出ください。

2
お墓の管理者に埋葬・埋蔵証明書に署名、捺印をもらう
お墓の管理者に埋葬・埋蔵証明書に署名、捺印をもらう
3
永代供養墓に遺骨を納める
お墓がある役所で改葬許可証を発行してもらう
4

お墓のお引越し(墓じまい)の場合のみ

納骨式の日程を決める
お墓から遺骨を取り出す
5

お墓のお引越し(墓じまい)の場合のみ

永代供養墓に遺骨を納める
永代供養墓に遺骨を納める

埋葬後は、1年に1回合同供養祭でご供養いたします。

6

お墓をお持ちで合祀墓・永代供養墓を検討するなら知っておきたい

「墓じまい」

合祀墓・永代供養墓をお考えならば、まず考えなくてはいけないのが今あるお墓からお骨をお引越しする為に行う「墓じまい」です。
意外と知らない「墓じまい」の事から、知っておきたい基礎知識と「墓じまい」までの流れをご紹介します。

墓じまいの後に 押さえておきたい基礎知識 よくある質問
TOPに戻る