墓じまいとは

お墓に関して、こんなお困りごとはありませんか?

  • 最近「墓じまい」をする人が多いってよく聞くけど、墓じまいっていったい何
  • 「墓じまい」はどういう人がするものなの?
  • そもそもお墓って閉めていいの閉じた後のお骨はどうするの?
  • お墓参りが体力的に大変になってきたし、後継ぎがいなくて無縁仏になってしまうのが不安…
  • 子供にお墓の供養などの負担をかけるのは忍びない…

「墓じまい」とは今の時代にあったお墓の考え方

近年増えてきた「墓じまい」。少子化や核家族化の影響で、後継ぎが途絶えてしまう事や子供にお墓の供養で負担を強いるのは忍びないという理由から「墓じまい」という選択を選ぶ家族が増えてきています。

日本人にとってお墓は大切な故人や祖先を供養する場所であります。
しかし、生まれた街で育ち働き一生を終えるという昔の暮らしとは大きく異なる今の時代、家族で大きな1つのお墓に入るという事が難しくなってきました。

子供たちは大人になれば地方に働きに出てしまう事がほとんど、お墓の供養者はだんだんと年を重ね供養する事自体が体にとって負担になってきてしまう事さえあります。時代の変化により、人々のライフスタイルが大きく変わった今「墓じまい」とは故人が眠る「お墓」を大切に思うからこそ考えねばならない選択肢のひとつとなってきています。

「墓じまい」とはお骨をお引越しする事

ライフスタイルに合わせて、住む場所を変えるように、残された家族に負担がかからず気持ちよくお墓の供養を行う為に行うのが「墓じまい」です。お墓をいったんかたずけて、更地にする事でお墓や墓地の敷地をお返しします。そうする事で遠い墓地へのお墓参りなどの供養の負担をなくすことができます。

「墓じまい」のあとお骨はどうなるの?

「墓じまい」とはお骨のお引越しであると述べましたが、問題はお墓を閉じたあとにお骨はどのように供養すればいいかという事です。お引越しをするからには新しく休める場所を用意しなければいけません。そこで考えたいのが、「墓じまい」をした後に故人に休んでもらう新しい場所です。合祀墓・永代供養墓といった費用は安く負担は少ないが、多くの人のお骨と一緒になってしまい故人が特定できないお墓や、佐藤石材のご提供する樹木葬の様に一定の区画に多くのお骨が眠ってはいるものの、故人のお名前プレートをご用意してしっかり手が合わせられるような供養方法もあります。

墓じまいの後に 押さえておきたい基礎知識 よくある質問

佐藤石材の墓じまい

佐藤石材では、墓所撤去・処分を7万円/1㎡~明瞭な料金設定で承っております。
「墓じまい」=「お墓を撤去」と言ってしまうと、お墓に供養されている魂を軽視していると捉えられることがありますが、墓じまいの時には魂の移譲を行います。
お墓を撤去する前に供養元による「魂抜き(別名、閉魂供養)」を行い、墓石をただの石にかえる法要をおこないます。ただの石になったものを撤去します。
改葬(引越し)の場合、新しいお墓では「魂入れ(別名、開眼供養)」の儀式を行い、魂が安らかに眠れるように供養を行います。
また、お墓はご先祖様がこちらの世界(此岸)に来られる拠り所であり、墓じまいをすることにより、その拠り所が無くなってしまいますが、子孫のいないご先祖はもうこの世の拠り所は必要ないと考えられます。
ご先祖様にあちらの世界(彼岸)にお還り頂くことを快く引き受けて頂けるように読経供養も行います。

墓じまいのメリット・デメリット

メリット

無縁仏になる事を避けられる
後継者がいなかったり、遠方に住んでいたりすると、お墓の管理は大変です。ずっとお参りができないでいると、最後には無縁仏になってしまいます。大切なご先祖様や家族をしっかりと供養する為にも墓じまいは今の時代のひとつの選択肢です。
費用の負担が軽減できる
お墓は立てて終わりではなく、そのあとの管理費用も掛かります。平均的に1万円から2万円程度の管理費が年間でかかっており、払い続けるのは負担になる場合もあります。

デメリット

親族での話し合いが必要
先祖から受け継いだ大切なお墓を閉じる事に抵抗を抱く親族がいる場合、お互いにしっかり納得できるまで時間をかけて話し合う事が必要です。
離檀料が高額になる可能性がある
お寺にとって檀家さんからの収入は大きいものです。そのため、檀家さんを引き留めたいという思いから高額の離檀料を請求してくる場合もあります。

墓じまいの流れ

大切な人が眠るお墓。もちろん適切な供養をして、しっかりと閉じたいですよね。
しかしそれだけではなく行政への連絡や申請など供養だけではなく行わなければいけない事はたくさんあります。
事前にしっかりと学んで、悔いも問題もない墓じまいを行いましょう。

親族への相談
親族への相談

まずは、親戚に墓じまいをしたい旨とその理由を告げましょう。

1
「納骨されている遺骨をどの様にするか」を決める
「納骨されている遺骨を
どの様にするか」を決める

寺院などにある永代供養墓に合葬するか、もしくは海へ散骨するか等を決めます。

2
新しい遺骨の受け入れ先より
新しい遺骨の受け入れ先より
「A:受入証明書」を発行してもらう

永代使用承諾証(=霊園使用許可証)でも代用できる場合もあります。

3
墓所の菩提寺または管理者へ伝え、受理してもらう
墓所の菩提寺または管理者へ伝え、受理してもらう

トラブル防止のために、早い段階で相談する事をおすすめします。

4
旧墓地の管理者から
「B:埋葬証明書」を発行してもらう
5
旧墓地所在地の役所で
「C:改葬許可申請書」をもらい、必要事項を記入します。
6
旧墓地の管理者から
「C:改葬許可申請書」に
署名・印をいただきます。
7
旧墓地所在地の役所に
「C:改葬許可申請書」・
「A:受入証明(永代使用承諾証)」を提出、「B:改葬許可証」を発行していただきます。
8
旧墓地において供養・抜魂式を執り行い遺骨を取り出します。
旧墓地において供養・抜魂式を執り行い遺骨を取り出します。

寺墓地の場合は必ず住職による閉眼供養を行います。公営・民間霊園の場合、閉眼供養を希望する場合は僧侶を手配します。

9
墓石の撤去工事を行う
墓石の撤去工事を行う

墓所の石材の全てを除去・処分し、更地の状態に戻し、区画を返却します。

10
弊社墓じまい価格
項目 詳細 費用
遺骨を取り出す費用 もとのお墓からご遺骨を取り出すための費用

20,000円/骨1体

お墓の解体、処分費用 古いお墓の解体作業代、区画の整備費用、
産業廃棄物処分代(墓石は産業廃棄物となります)
※但し、現場の立地条件により料金がことなります。傾斜地や歩く幅が80cm以下の場合割増料金がかかります。

70,000円/1㎡~

遺骨を取り出す費用 もとのお墓からご遺骨を取り出すための費用 20,000円/骨1体
遺骨を取り出す費用 古いお墓の解体作業代、区画の整備費用、
産業廃棄物処分代(墓石は産業廃棄物となります)
※但し、現場の立地条件により料金がことなります。傾斜地や歩く幅が80cm以下の場合割増料金がかかります。
費用:70,000円/1㎡~
墓じまいに必要な書類と手続きの流れ

お墓の処分といっても、単に墓石を解体して廃棄すればいいいというわけではありません。 埋葬・埋蔵されている遺骨を勝手に処分することもできません。廃墓には行政への手続きや、ご遺骨の供養など様々な手続き、墓石の解体・撤去処分も必要になります。

【お墓から合同供養墓、お墓から樹木葬墓地)の場合】

書類の種類 発行元 費用
A:受入証明書 改葬先の管理者より発行してもらいます。 400~1500円/1通
B:埋葬証明書 現在埋葬している墓地管理者から発行してもらいます。 400~1500円/1通
C:改葬許可申請書 現在埋葬している墓地管理者から発行してもらいます。
D:改葬許可証 現在のお墓がある役所より発行してもらいます。
C:改葬許可申請書、A:受入証明書、B:埋葬証明書と
必要書類を役所に提出して「改葬許可証」を取得します。
200~500円/1体
A:受入証明書 発行元:改葬先の管理者より発行してもらいます。 費用:400~1500円/1通
B:埋葬証明書 発行元:現在埋葬している墓地管理者から発行してもらいます。 費用:400~1500円/1通
C:改葬許可申 請書 発行元:現在埋葬している墓地管理者から発行してもらいます。
D:改葬許可証 発行元:現在のお墓がある役所より発行してもらいます。
C:改葬許可申請書、A:受入証明書、B:埋葬証明書と 必要書類を役所に提出して「改葬許可証」を取得します。
費用:200~500円/1体
墓じまいにかかる費用

「墓じまい」には、墓所の石材の全てを除去・処分し、更地の状態まで戻す費用と、墓埋法により決められている、墓じまいに必要な手続き、書類にかかる費用、また、お墓に埋葬されていた遺骨を別の墓、もしくは別の形で供養しなければなりませんので、それに関わる金額も必要になります。

墓石の撤去工事を行う
項目 費用 支払い先
手続き費用 【受入証明書】 400~1500円/1通程度。 新墓地の管理者
【埋葬証明書】 400~1500円/1通程度。 旧墓地の管理者
【改葬許可証】 1体あたり200~500円程度。 旧墓地の自治体
墓所処分価格 遺骨を取り出す費用 20,000円/骨1体 石材店
お墓の解体、処分費用 70,000円/1㎡~
古いお墓の解体作業代、区画の整備費用、産業廃棄物処分代(墓石は産業廃棄物となります)
供養費・お布施 供養費 寺院によって異なります。 寺院
離檀費 お布施
寺院と要相談
手続き費用 項目:受入証明書 費用:400~1500円/1通程度。 支払い先:新墓地の管理者
手続き費用 項目:埋葬証明書 費用:400~1500円/1通程度。 支払い先:旧墓地の管理者
手続き費用 項目:改葬許可証 費用:1体あたり200~500円程度。 支払い先:旧墓地の管理者
墓所処分価格 項目:遺骨を取り出す費用 費用:20,000円/骨1体 支払い先:石材店
墓所処分価格 項目:お墓の解体、処分費用 費用:70,000円/1㎡~
古いお墓の解体作業代、区画の整備費用、産業廃棄物処分代(墓石は産業廃棄物となります)
支払い先:石材店
供養費・お布施 項目:供養費 費用:寺院によって異なります。 支払い先:寺院
供養費・お布施 項目:離檀費 費用:お布施
寺院と要相談
支払い先:寺院

「墓じまい」をする前にちょっと待って!

押さえておかないと怖い基礎知識

墓じまいを検討しているなら、まずは墓じまいについての基礎知識が必要です。
墓じまいをするときにも正式な供養が必要だったり、平均的にどれぐらいの費用がかかるのかなど
知っておかなければ損してしまうかもしれない基礎知識をご紹介します。

TOPに戻る